しゃにむにリーダーのフィクサです。
 先日、「練馬の集い」のJRAさんが毎週月曜日にクラクラ界隈のゲストを迎えて配信しているツイキャス番組、「Oh!ヤジ馬」に出演させていただきました!

IMG_20190905_230159
はじめてのキャスで緊張してうまく喋れなかった・・・

ですが司会のJRAさんの引き出してくれるトーク、アシスタントのゆんさんの可愛すぎる癒しボイスのおかげで素敵で楽しい時間となりました!

来場してコメントくださった皆様、ありがとうございました!

まだ聴いていないという方はぜひこちらから、ラジオ感覚で聴いていただけると嬉しいです。


喋る内容を先行公開。司会者泣かせの暴挙

先日、しゃにむに本部の400勝をきっかけにブログを100年ぶりに更新したわけですが、どうしても更新したかった理由のひとつがヤジ馬キャスへの出演です。

事前に話す内容を打ち合わせする前に、自分が何を喋るのか考えを巡らせてみました。

やはりメインはクラン「しゃにむに」のことだろうなと。

入ったきっかけとか、リーダーになった経緯とか、そういう話をするだろうなと。

しゃにむにでは色々ありました。

その色々を口下手な私がうまく「喋り」で伝える自信がない・・・

そもそも人に聞いてもらってもそんなに面白い話じゃない・・・

この内容は文章で伝えたい。
そう思ったのです。

ごめん、JRAさん。

キャスで話す前に全部書いちゃったw↓

_20190905_225420

サーセンw


声の力

書く→読むという文字のコミュニケーションと、喋る→聞くという声のコミュニケーションでは、受ける印象が全く違ったりします。

ビジネスメールでは極力無駄な言葉を入れないのでどうしても冷たい印象になりがちですが、同じ内容でも電話で伝えると気持ちが伝わったりしますね。

文章は拙いと情感が伝わりにくい。声は喋りが拙くてもそのトーンだけで感情が伝わりやすいです。

キャスは生の声で喋ることで、発信しているその人のキャラクターをより鮮明にイメージすることができるコミュニケーションツールです。

ヤジ馬キャスは進行もラジオ番組のようにスムーズになっていて、聴いて楽しい作りになっています。

みなさんぜひ月曜22時30分からの「Oh!ヤジ馬」聞いてみてください。声の力を感じることができます。

毎回ゲストと女性アシスタントが変わり、ゲストとのトークで盛り上がる楽しい番組です。

次回のゲストはあの大物です!


文字以外のコミュニケーションで広がるゲームの楽しさ

ヤジ馬キャスでも少し触れましたが、クラクラをやる前、私はXbox360で遊んでいました。

ボイスチャットをつないで、仲間と一緒に夜な夜なワイワイ遊んでいました。懐かしい。

今は家庭の事情でリビングを占領してボイチャしながら据え置きゲームなんていうのは無理な状況です(´;ω;`) 

ボイチャで喋りながら遊ぶと、テキストチャットだけのやり取りよりも、より人の個性や感情が強く伝わり、その楽しさが共有されて増幅されます。

ゲームの楽しさを共有する最強の環境は、実際に同じ場所で一緒に遊ぶことだと思っています。皆さんも経験があると思います。

・放課後に誰かの家に集まってボンバーマン、くにおくん熱血行進曲、マリオカートで遊ぶ

・ゲーセンで一緒にファイナルファイト、天地を喰らう2で遊ぶ。格ゲーで対戦する。

・盆や正月に親せきで集まってパーティーゲームする。(ガチの桃鉄はトラブルになりかねないので注意)

・クラクラのオフ会で生攻めをしたり、見て応援したりする。

これらは一緒に遊ぶという行為の中でも、最上級の楽しさがあります。

次に、声でコミュニケーションを取りながら遊ぶこと。

BANDやDiscordで通話しながら、またはMirrativで配信しながらクラメンと遊んだことはありますか?

普段のテキストチャットでのコミュニケーションを超えた楽しさを体感できるかもしれません。

(もちろん苦手な人もいるし、私のように家庭の事情で喋りながら遊べない人もいるので、一概に文字のコミュニケーションよりいいとは言いませんが)

実際に会って遊ぶのは日常的には難しいですが、声のコミュニケーションならぐんとハードルが下がります。


ゲームの楽しさを共有する、3段階のコミュニケーション方法
  1. メールやチャットの文字のコミュニケーション
  2. 通話やキャスの声のコミュニケーション
  3. テレビ電話や配信、顔出し動画でのコミュニケーション
  4. オフ会で直接会って一緒に遊ぶコミュニケーション
・・・4段階だったわ。

もし仲間達と今よりもっと仲良くなって楽しみたいと思ったら、文字の世界を飛び出して、声のコミュニケーションに挑戦してみてはいかがでしょう?

ツイキャスやるもよし、
通話しながら遊ぶもよし、
Mirrativやるもよし、

やり方は沢山ありますよ!

それでは!