しゃにむにリーダーのフィクサです。
この度、しゃにむに本部が400勝を達成しました!

_20190827_201324

本部と育成部メンバーで、400勝記念の紅白戦を開催します。今回はあえてゲストは招待せず、内輪で全力で楽しもうと思います。

ここでこれまでのしゃにむにのあゆみについて少し振り返ってみようと思います。

初代リーダーの功績


クラン「しゃにむに」は、今は引退されているikkyさんという方が2014年に設立したクランです。私フィクサは二代目のリーダーになります。

昔からクラクラをやっている方は、このTOP絵のブログに見覚えがあるかもしれません。

_20190827_202513

当時は更新の早さと記事の豊富さから、結構有名なブログだったと思います。

私はikkyさんのブログ記事、クランのコンセプト、「しゃにむに」という名前の語感の良さに惚れ込んで、2015年に入隊しました。

今でも当時から在籍していた古株メンバーが数人いますが、創設当時のメンバーは皆さん引退されています。5年って長いですよね。

今のしゃにむにの繁栄は、初代リーダーのブログの力よるところが大きいと言えます。

失敗の歴史


ブログ経由の新規入隊者が絶えず、2016年には支部の育成部も設立し、順風満帆だったしゃにむに。その試練はリーダーが忙しさで不在がちになったあたりから始まりました。

ikkyさんからリーダー代理の任を預かっていた私はサブリーダー達による共和制を敷き、サブリ達で分担して2クランの運営を続けました。

そこで起きたのは、育成部メンバーとのコミュニケーション不足によるクランの分断。本部と育成部で別クランのような状態が続きました。

遂にはサブリーダーを含む育成部メンバー30人以上が一気に脱退し、別クランとして独立するという事態に至りました。

その事態を招いたのはリーダー不在という状況と、当時の育成部リーダーに「独立してください」と迫り、引き金を引いた私。

責任を感じた私は現育成部リーダーの強い推しもあって、ikkyさんに申し出、リーダー権を引き継いで二代目リーダーに就任しました。

この話は美談にするつもりはありません。
クラン運営の失敗談といえます。

しばらくメンバーが少ない状態が続きましたが、順調に人数が増え、2クランでは手狭になったので第2育成部を設立。3クラン体制に移行しました。

しかし、管理メンバーの人的リソースの不足と負担の偏りにより失敗。(第2育成部は現在休止中)この時も考え方の相違により、多くの優秀なサブリーダーを同時に失いました。

その後、低THのリーグ戦用のサブクランを作り、この(更新サボりがちな)ブログをスタートし、現在に至ります。

色々ありました。

しゃにむには数々の失敗の上に成り立っているクランなのです。

サブリーダー達への感謝


共和制をとっていた名残から、しゃにむにはサブリーダーの人数が多いです。現在14名ほどいます。他のクランのリーダーの方と話すとだいたい驚かれます。

グループ全体の人数が70人くらいですから、実に5人に1人はサブリの計算です。

サブリーダー達はよく意見や提案をくれます。こちらから聞くこともありますが、気づきを自主的にくれることの方が多いです。

私はその意見をサブリ達とBANDで議論し、ルールを調整したり、廃止したり、新設したりします。長老や新サブリの推薦もしてくれます。

リーダーとしてかなり楽をさせてもらっています。サブリーダー達には本当に感謝しています。

うぇるかむとぅーしゃにむに


そんな感じで運営されているしゃにむには、今安定期と言えると思います。

イベント参加にも積極的で、しっかりした運営基盤のもと、クラクラをカジュアルに楽しむのにとてもよい環境です。

育成部というTH9以下を教えられる環境も整っています。低THの初心者の方も安心して遊びに来てください。

入隊希望者はクランのルールブックをご確認ください。

※ルールの最後に合言葉があるのでそちらを申請文に入れるのをお忘れなく!

結局ガチガチの勧誘記事やないか!
それでは!