しゃにむにリーダーのフィクサです。
先日終戦した3回目のリーグ戦、本部は1敗のみの1位という好成績でクリスタルリーグ1からマスターリーグ3に昇格!

Screenshot_20181223-230022
Screenshot_20181223-230029


メンバー数名のTHが上がったこともあり、2回目よりも有利な戦いができました。次戦はかなりの格差が予想されますが、格上攻めも楽しみながらやっていきたいと思っています。

一方のU9で参加のチームは壮絶な格差に苦しみながらも見事2位で戦いを終え、ゴールド1に昇格しました。
BandPhoto_2018_12_23_22_57_59
Screenshot_20181223-225941

しかし、これは素直に喜べない内容でした。
育成部のU9メンバーにも参加機会をと前回から専用クランを作って参戦したこのチーム、前回のゴールドリーグ3から昇格して今回はゴールド2での戦いだったのですが、当然ながら相手クランとのTH格差が壮絶でした。
こちらがTH9とTH8の構成に対して、相手の上位にはTH12や11がゴロゴロといるわけです。

格上過ぎて、攻めを楽しめる域を超えています。

上位メンバーの心が折れる

この問題はこれまでTwitterやブログで多くの方が不満として挙げていました。

リーグ戦の格差マッチに関するadaさんの記事

U9チームも今回この問題に直面します。
管理を楽にするために同番攻めルールを採用していたことが、上位メンバーの負担に拍車をかけました。

攻める相手が毎回TH12や11なので、☆1を取ることもままなりません。
それを7日間続けると、メンタルが消耗します。心が折れます。

そしてそれに耐えた結果どうなったかというと、上位メンバーの報酬メダルがかなり少なくなりました。☆がほとんど取れないので、エントリーしただけでもらえる参加賞的なメダルとほとんど変わらないのです。

下位のTH8メンバーは同番に同格や格下が多いため、毎回☆3を獲得し、多くのメダルをゲットできています。これでは上位メンバーが報われません。

このことでしゃにむにbandでは書き込み数100を超える活発な議論がなされ、次回までに参加方法やルールを再考することになりました。

このまま格差に耐えながら更に上のゴールドリーグ1で戦うのか、
それとも格差を少なくする為にクランを新設して参加するのか、

参加者にbandのアンケート機能で次戦どうしたいか匿名アンケートを取り、もう一度サブリ陣で話し合うことになりました。

楽しむために遊んでいるクラクラでメンバーが消耗していくのをほうってはおけません。

クラクラ運営は「リーグ戦楽しみたいならTH上げて」のスタンスで、クランの参加も任意なので批判するつもりはありませんが、現状では格差マッチを容認した上で工夫しなければ楽しめないシステムです。

低TH中心のクランはリーグ戦との付き合い方を考えなければなりませんね。クラン運営陣の判断が問われるところです。

クラメンみんなの無理なく幸せなクラクラライフのために、次回までにしっかり考えて方針を決めたいと思います。

それでは。